FC2ブログ

枝豆収穫・試食

札幌のデイサービスで活動中の仲間からの報告を紹介します。



○枝豆収穫・試食



準備したもの:試食用皿、殻入れの容器、鍋、箸、塩、手拭



本日は6名の参加。


Aさんが前日40度の熱を出しお休み。
インフルエンザの検査をしている最中だが、そうでないことを祈る。



そのほか、いつも参加の方も、受診、体調不良等で不参加。

高齢者にとっては天候の変化はその日のモチベーションに大きく影響する。





1384-2.jpg


6月の第1週に蒔いた枝豆がようやく収穫の時期を迎えた。

今年は日照不足に悩まされ、
もしかしたら難しいのではと思っていたが、
皆さんの想いも通じたのか、しっかりと実をつけた。





1384-1.jpg
ここにも枝豆ありますよ~と教えるスタッフ


お盆近くに1度水切れをして、
ほぼ全滅状態だったプランター枝豆も数個残り今日の収穫を迎えた。


参加人数が5名と少数だったため、各テーブルに約1人の割合で座る。


前回BさんとCさんの仲が良くなかった(Cさんが一方的に我を出したためであるが)ため、
本日は、男性同士、CさんをDさんの隣に座らせて、
1つのプランターを共有してもらった。



女性に対しては、大きな声を出しがちなCさんは、
男性に対しては一切そのような態度をとらない。

Cさんのバックグラウンドに関係したものかと予想されるが、
とにかく仲良くやってもらうのが良いので
しばらくはDさんとのペアで活動してもらうことにする。



体調が優れないEさんは、体を傾けながら枝豆の収穫。

お盆時期に旅行に行ったことや、
食べて美味しかったものなどのお話をスタッフにしていた。





1384-3.jpg


久しぶりに来たFさんは、
収穫したものをすぐにいただける喜びを口に出して表現されていた。

今回の活動は、播種から収穫まで比較的短い時間だったせいと、
枝豆という高齢者にはとても馴染み深い野菜だったためで、
“自分たちが植えて育てた枝豆”という意識がつよかったようだ。


いつも、あいまいな記憶しかないGさんも、植えたときのことを覚えている様子であった。





1384-4.jpg
間引きした大根の葉を触っている


最後に、間引きをした大根をみんなで触ったり、匂いを嗅いだりした。

おでん、煮物、塩漬け等の収穫後のお話にも花が咲いていた。




にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ  
2019-08-19 22:33 : 活動仲間からの報告 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

園芸療法

Author:園芸療法
花苗やハーブの栽培、
アロマテラピー講師などを経験。
現在は老人ホームで園芸を指導中です。

連絡先:y.ko☆jcom.home.ne.jp

にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ 

検索フォーム

ランキング