FC2ブログ

ホーム玉ねぎを植える、押し葉保存

世田谷区の有料老人ホームで活動中の
仲間からの報告を紹介します。



前回から、席を前もって決めて、
テーブルに名札を置くことにしました。

これまで、お顔は分かっていてもお名前が分からなかった方同士が、
お名前を知ることで会話のきっかけができているようです。




304-1.jpg
玉ねぎを植える


1つ目のプログラムは、ホーム玉ねぎの植え付け。

準備として、篩った古土に有機石灰、化成肥料を加え、
これと腐葉土を3:1で混ぜて用土とし、
鉢底石を敷いたプランターの縁から5㎝ぐらい下まで入れておきました。


活動では、まず、ホーム玉ねぎと普通の玉ねぎを見ていただき、
いくつかこちらから質問してみました。

「玉ねぎは葉でしょうか?根でしょうか?茎でしょうか?」
「大きくなっていくときにどんな変化があるでしょうか?」
「花は咲くでしょうか?」etc


玉ねぎが葉だということは皆さん意外だったようでしたが、
Aさんは「玉ねぎの上が尖っているからそこから茎がのびるんじゃないかしら」、
Bさんは「白い小さい花が咲くように思うわ」と、
想像力を膨らませていらっしゃいました。


作業は、まず、プランターの用土の上に
赤玉土小粒を厚さ3㎝ほど入れていただきました。
通気性をよくして根を生長させるためです。

3~4人で1つのプランターの共同作業でした。

座ったままで、順番に作業していただこうと思っていたのですが、
Cさん、Dさん、Eさんは立ち上って(珍しいことです。)
始めていらっしゃいました。


土を平らにならした後、球根を二つずつ、
先端を土の表面より少し出して植えていただきました。

活動中に眠くなって作業ができないことが多いFさんですが、
スタッフの方のフォローもあって、ずっと起きていることができ、
いくつかの作業ができました。





304-2.jpg

2つ目の活動は、押し葉保存。

この施設の庭には植物がたくさんあるので、
摘みたての葉を押し葉保存していただきました。




にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ  
2016-09-12 15:11 : 活動仲間からの報告 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

園芸療法

Author:園芸療法
花苗やハーブの栽培、
アロマテラピー講師などを経験。
現在は老人ホームで園芸を指導中です。

連絡先:y.ko☆jcom.home.ne.jp

にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ 

検索フォーム

最新コメント

ランキング