FC2ブログ

観葉植物のビー玉植え

長野県のデイサービスで活動中の
仲間からの報告を紹介します。



307-1.jpg

用意したもの
ミニ観葉植物各種、容器(シュガーポット)、
ビー玉、ミリオン、ラベル



暑い夏を少しでも涼しく感じられるようにと、
観葉植物のビー玉植えを行いました。

ミニ観葉植物は10種類の中から
くじ引きで気に入った物を選んでいただきました。

Aさんは「一番大きいのをもらうね」とサンデリアーナを選び、
Bさんは「名前が覚えられる」と豆の木を選ぶなど、
皆さんそれぞれに考えて選んでいただけて良かったと思います。


最初に、ビー玉の入った本物のラムネを用意し、
昔の経験を思い出していただきました。

皆さん目を輝かせて
「飲んだ飲んだ」
「そうそう、こうやってたたいて」と嬉しそうにしていました。

特に男性のCさんは認知があるのですが、
「知ってる知ってる!ラムネ!ビー玉!」と一番うれしそうでした。





307-2.jpg
洗面器の中で振り洗い


説明の時にビー玉は60個ずつありますと話すと
「へーそんなにいっぱいー!?」と大変そうな反応でしたが、
実際にやってみるとほとんどの方が難なく入れ終わってしまいました。

一つずつつまんで入れることにより、
指先をたくさん動かしていただくことを目的にしていましたが、
そんな面倒なことはやってられないと
Dさんのようにわしづかみにして入れていた方も何人かいました。


一方でEさんのように、一個一個ビー玉をつまんで色を確かめ、
入れる位置を選びながら慎重に入れていく方もあり、
手早く仕上げることに意欲を見せる方との
タイプの違いが感じられました。





307-3.jpg
一個一個、置く位置にこだわっています


Fさんは1個1個数えながら入れたようで
「60個あった!」と嬉しそうに話していました。

ビー玉を床に落とした方が一人もいなかったのに驚きました。

ガラスということで落とさないように
慎重に扱っていただけたのだと思います。


肢体不自由なG君はビー玉を左右に動かして見せると、
しっかり目で追い、植物とは違う興味・反応が感じらました。


最後に置き場所や管理の仕方のプリントを配り、
お話ししました。

皆さん「はい、わかりました!」と良いお返事で、
満足感が伝わってきました。

作業が簡単だったためか皆さん余裕の笑顔でした。
管理の仕方についてもゆっくりお話しすることが出来ました。


所要時間・作業量・難易度など、
負担のないプログラムだったのではと思いました。




にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ  
2016-09-15 13:32 : 活動仲間からの報告 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

園芸療法

Author:園芸療法
花苗やハーブの栽培、
アロマテラピー講師などを経験。
現在は老人ホームで園芸を指導中です。

連絡先:y.ko☆jcom.home.ne.jp

にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ 

検索フォーム

最新コメント

ランキング